8時間睡眠で成果が2倍!寝たほうがひらめくことが判明!!

2016_06_21_11_01
(出典)Eテレ「オイコノミア「仕事もうまくいく!休み方の経済学」

「睡眠や休息」と「ひらめき」の関係について、「ネイチャー」誌で発表された論文に興味深い実験結果がありました。

「ひらめき」を必要とする問題を大学生66人に出題

ドイツの大学で66人の学生に対して「ひらめき」を必要とするパズルを解かせ、それが解けなかった学生を3つのグループに分けて再チャレンジをしてもらうという実験が行われました。

さて、次の3つのグループのうちどのグループの正解率が一番高かったでしょうか?

2016_06_21_11_03

A.朝、問題を見せそのまま休まずに8時間考え夕方答えたグループ。

B.夜寝る前に問題を見せ8時間寝て翌朝起きてすぐ答えたグループ。

C.夜問題お店そのまま徹夜で考え8時間後に答えを答えたグループ。

実験の結果は?

2016_06_21_11_08

結果は、Bグループ(夜寝る前に問題を見せ8時間寝て翌朝起きてすぐ答えたグループ)がその他のグループの倍以上の正解率だったということです!

この実験結果から、休息は精神的な余裕を生み、発想力や集中力を生むことがわかりました。
アイデアやひらめきが必要な時はちゃんと睡眠を取った方が良いんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です